タイトルを語った秋葉原の出会い

 

 

作家の伊佐山一氏は「絵の力に全力を尽くした」と語った。
最初のものは、「建物の視点のように……」のレベルでした。

秋葉原出会い
(建物を遠近法で描くと、ナナメの視点では平行四辺形のように見えます...)
描画力が大幅に向上しました。
また、私は漫画家ですが、人に個性を出す方法もあります。秋葉原の出会い
一目で「誰が書いているのかわかる」レベルが凄い。

初めてタイトルを見たとき、それは野球漫画だと思っていました。 (笑)


物語は素晴らしいです。
母親の死と行方不明の父親は、裸足の世代を思い出させます。
捜査隊に加わった全員が巨人の憎しみを膨らませた。

さて、巨人の憎しみが「作られた敵」だったのは衝撃的です。
ドンデンは、3つの壁も「巨人によって作成された」と述べています。
彼は巨人を嫌っていましたが、実際には「彼らは世界に嫌われていました...

真実を追求して王政を打倒する革命的な部分は、あまりにもスムーズに進みました
アンフォルトゥナテル「巨人と戦う部品がなくなったので、もう見ない」と彼は言う。
にわかファンがいたに違いない。 この作品の面白さはありません!

主人公のエレンが知的な巨人になった理由は痛い。秋葉原の出会い
お父さんとクルーガーの「強い意図」は奇妙です...

さて、後に登場する軍事国家マーレのように、
「第二次世界大戦モチーフは「秋葉原の出会いチスとユダヤ問題」であることは間違いない。
武器は明らかに同じです。


さまざまな配慮がなされているのを見ました秋葉原の出会い
・第四壁存在論
何もありませんでしたが、興味深い考察でした。
演劇や演劇の世界では、次の挑戦としてそういう言葉があります。

・太陽は西から昇り、東から下降しています。
見つけた人はすごい!と思った。壁の配置が何度も出てくるようです。

・2000年以降のあなたへ秋葉原の出会い
1巻第一話のタイトルは……ピタンコ!

コメント