池袋の家に帰るまでに

水供給車は夜の終わりに来た。

池袋は給水を安全に受け取ることができましたが、給水量は数リットル程度でした。

私たちが給水を終え、家に帰るまでには、それは日没でした。

池袋のような生活が繰り返されることで、電気が復旧し事業が徐々に回復する店舗数が増えています。

ガソリンスタンドもまた事業を再開した。

しかし、各個人に売られた金額は10リットルで、ガソリンが逼迫している人にとっては非常に不十分でした。

しかし、ガソリンを探すには、運転しているガソリンスタンドで長い待ち行列が作られていました。

ガレージの販売が正常に戻る前に、池袋は震災前に不意に満タンを詰めていたので、外出を控えて一度だけ燃料を補給しました。

スーパーマーケットなどは早期に事業を再開したが、腐敗しやすい食品や冷凍食品などの販売はなく、在庫品などは限られた数量で販売されていた。

平日休みの人と池袋で出会い

 

コメント